忍者ブログ
日々徒然 引き分けぐらいがちょうどいい
[180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170
サボテンとバントライン(2回目)を見てきた感想でも

今回も席は最前列だったよ
そしてポジションはちょうど舞台の真ん中あたりだったので
これまた良いポジションでした

一回見てるので笑う機会は少なかったけど
話の繋がりとか、序盤で会話に組み込まれてる終盤のシーンへの伏線的な台詞とか
別の視点で見れたのでより深く味わうことが出来たかな

それにしても
要潤さんは凄いね
愛の嵐に出てたという事ぐらいしか知らなかったけどね
IKEMENなのになんでこんなにオタク役が似合うかねー
もう喋り方の演技とかも完璧だし
やっぱり役者さんはすごいと改めて思ったよ


『挫けまみれの人生に逆転なんて無い』
うn、すでに俺もそのルートに突入して数年経ってるから何も言えねぇ…

なんというかギャグ路線だったけど終盤はシリアスになって
普通にバッドエンドという楽しいけど色々考えさせられる舞台だね


アイツが悪い、回りが悪い、環境が悪い、世間が悪い
なんていう台詞を言う事はありませんか?
そしてそれらを憎んでませんか?

しかし冷静に考えて下さい

あなたは悪い悪いと言うだけで、良い方向に向かうように何か努力してますか?

他人のせいにするだけで自分は何もせずに生きてませんか?

本当に悪いのは何もしない自分なんじゃないでしょうか?

という感じかな


今まで散々憎んでいた人物から
本当に許せないのは自分だと気付いたという話を聞かされて
主人公も本当に憎んでいたのは自分自身だと気付く
そして和解して最後の結末を迎える


そして主人公が高校時代に作成した映画
「サボテンとバントライン」
当時の結末は映画の主人公ブルカニロが
自分以外を全部吹っ飛ばして終わるという結末だったけど

真の結末は一番の悪者(自分自身)を退治して吹っ切れたブルカニロが
沢山の仲間たちと一緒に旅に出るという結末っぽいし

その辺もリンクしてるのかな


ふふふ
今の俺には胃が痛い話だぜ…
まぁ考えても仕方ないから気楽に生きるだけさ


はぁ~
それにしても凄かったよ



りえりえの絶対領域が




俺の真正面の

舞台最上段

ミニスカート姿で

中腰姿勢

そして

お辞儀

でも

鉄壁でした


うむ、プロだな!



冬ボー貰ったら『彩リエ』絶対買うことに決めたよ俺


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
web拍手

kanjimuの最近読んだ本
バーコード
プロフィール
HN:
寒ジム
職業:
三流メカ
趣味:
ゲーム ぶっぶー 色々
自己紹介:
リンクフリーです

↓連絡用
kanjimu☆hotmail.co.jp


http://twitter.com/kanjimu

ε=\_○ノ ヒャッホーウ!!!
忍者ブログ [PR]